クラシックギターレッスンを新宿で始めるメリット

クラシックギターはナイロン弦を使用するため、音色が優しく自宅で練習する際も屋外に音が漏れませんから、非常に取り組みやすいと評判です。特に、中高年の方は手を頻繁に使うギター演奏は脳の老化防止に役立つとされており、実際に中高年の方を中心としたサークルが新宿を中心に活動しています。しかしながら、フォークギターやエレキギターと違って、あまり専門雑誌などが発刊されておらず、情報量が少ないのが実情です。そのため、実際に弾き始めたくとも、どのようなギターが良いのか、レッスンを受けた方が良いのかなどに迷ってしまい、結局、何もできていない人が多いのです。そこで、クラシックギターの魅力やレッスンの必要性やどのように始めれば早く上達できるのかについて紹介します。

クラシックギターレッスンの必要性と内容

クラシックギターと言えば、その名のとおりクラシックを演奏するためのギターだと思われがちですが、実はクラシックに限らず、ボサノヴァやジャズ、演歌など幅広いジャンルに使われています。その理由は、ナイロン弦の特性上、指で弦を弾きますから音に表情をつけやすいことがあげられます。したがって、クラシックギターは左手のフォームよりも右手の動きがとても大切になります。そのため、独学で学ぶには限界がありますので、特に初心者の場合、変な手癖がつく前にクラシックギターレッスンを受けることをおすすめします。クラシックギターレッスンは、マンツーマンとグループの二通りありますが、どちらも基本は先生がお手本を弾いてくれますので、最初は見様見真似で弾きながら、アドバイスを受けたり、質問を行うのが一般的です。DVDや教則本で学ぶ人もいますが、基本を覚えるという意味では、実際に生でお手本を見る方が遙かに上達は早くなります。

新宿でギターレッスンを始めるメリット

新宿にはクラシックギターレッスンの教室が数多くあり、日本でも有数の聖地と言われています。というのも、新宿には古くからクラシックギターの生演奏を聴かせるお店があり、そこに数多くのギタリストが集まってきました。また、必然的に楽器店もたくさんありますので、様々な情報が集まるのです。新宿でクラシックギターレッスンを始めれば、レッスンだけでなく、いつの間にか楽器店のスタッフと仲良くなったり、同じ教室の生徒同士がサークルを作ったりしますから、ネットワークが広がるといった付加価値が期待できるのです。やはり、楽器を習い始めたら、誰かの前で演奏したいと思うものですし、実際に演奏を始めれば、自宅で練習するよりも遙かに楽しく感じますから、さらに上達するという好循環が生まれます。ですから、新宿でギターレッスンを始めることはとてもメリットがあるのです。